2018/11/08

3DCADの活用促進



現在、建設コンサルタント業界における3DCADの活用は一般的なものとなっており、当社でも3DCADを使える人材育成に積極的に取り組んでいます。




当社都市開発部は、民間企業による都市開発や建築に関わる業務が主であり、お客様への提案内容をわかりやすく伝えることが重要と考えています。
当該部署では3DCADソフト「AutoCad Civil3D」を導入し、様々なプロジェクトにおいて3Dデータの活用を行っています。








平面図や断面図だと立体的なイメージが伝わりにくいですが、3DCADを活用することで、立体的でよりわかり易くイメージを伝えることができます。
また、大規模な宅地造成の設計において、多大な時間と労力を要する土量計算や断面図の作成等が、3Dモデルを活用すると瞬時に行うことができ、作業の効率化にも繋がっています。

今後も3DCADの活用を推進し、お客様への提案力の向上に取り組んでいきたいと考えております。

【原稿作成:都市開発部、編集:広報委員会】


0 件のコメント:

コメントを投稿