2018/02/11

社員旅行 in 岐阜 ~飛騨高山編~

先日、社員旅行(1日目)の記事を配信しました。今回はその続編(2日目)です。

まずは、さるぼぼの町「飛騨高山」
さるぼぼに顔が無い理由を知っていますか?表情は見る時々の想像で感じ取るものだからだそうです。他にも様々な色がある意味等をバスガイドさんから教えて頂きました。

飛騨高山のスイーツ、いわきのわらび餅は絶品!!他にも大きな苺の入った大福、鍛冶橋の袂にある陣屋だんご、飛騨牛の串焼き、どれもおいしく頂きました。

飛騨牛のにぎり寿司が、長蛇の列で食べられなかったので次回のお楽しみです。
今回参加できなかった社員さんへはA5ランクのステーキ肉を3枚!!!思い出話と共にお土産です。



次に向かった先は、合掌造りの集落で有名な「白川郷」
飛騨牛の朴葉焼きや岩魚の塩焼き、山菜など雪国ならではの自然豊かな昼食を合掌造りのお店で頂きました。




合掌造りの家が立ち並ぶ雪の白川郷は絶景でした!冬には2m近くの積雪になるそうです。

人型の雪の穴で写真を撮ったり、お土産屋さんに寄ったりしながら白川郷を散策しました。
また、国の重要文化財である和田家は、荻町合掌集落で最大規模を誇る合掌造りというだけあって、とても立派でした!



最後に、社内親睦会の皆様、2日間お疲れ様でした。
笑いいっぱいの楽しい社員旅行に社員の心も体もリフレッシュできたことと思います。
次回はどこへ行けるか今から楽しみです!

【原稿作成:泰楽会(社内親睦会)、編集:広報委員会】

0 件のコメント:

コメントを投稿