2018/06/19

合同企業説明会のお知らせ



近畿大学の東大阪本部キャンパスにて企業合同説明会が開催されます。

「奈良で働いてみたい」という方、是非ご参加ください!


◇日時:6月22日(金) 12時30分~16時00分



当日、当社の近畿大学卒業生も参加いたします。

たくさんのご参加お待ちしております。

2018/06/18

マンホール




・・・と聞くと、皆さんはどのようなイメージをお持ちでしょうか?

インターネットで「マンホール」と画像検索したときには蓋の写真が並びます。道路上にある丸い蓋というイメージを持たれる方が大半ではないでしょうか。

しかし、あの蓋はあくまでもマンホールの蓋であり、マンホールの本体はその下にあるのです。


「マンホール」とはその名の通り、人(マン)用の穴(ホール)。
地中に埋まっている下水や水道などの施設を管理する目的で人が入るために設けられています。
当社では、下水や水道の設計に際して、蓋を開けて中に入ることがあります。


マンホールの蓋は簡単に開かないようになっているので、写真のような特殊なバールを使用します。先端部を鍵穴に引っ掛け、てこの原理で浮かせるか、蓋の種類によっては吊る形で持ち上げたりします。後者の場合は結構な力仕事になります。


マンホールの中は決してきれいではありません。特に下水のマンホールの中は写真をお見せするのもはばかられるくらいですが、より良い設計を行うため、積極的な現場調査を心掛けています。

【原稿作成:水工環境部、編集:広報委員会】

2018/06/14

職場まるごと健康チャレンジ実施中!



当社は、全国健康保険協会の奈良支部が推奨する『職場まるごと健康チャレンジ』に、去年に引き続き参加いたします。



【実施期間】201861日(金)~831日(金)の3ヶ月間

【取組内容】

・全社では「従業員が定期健診を受診しやすい環境をつくる」

・個人では「健康づくりメニュー80」の中から一人一人が目標を決めて取り組みます。


今回は、個人での取り組み風景をご紹介いたします。


No.54:長時間の同一姿勢が続く時は間にストレッチを取り入れる。






No.57:1日1回ラジオ体操をする。


健康と経営をマネジメントする健康経営を通じて職場環境をより良くし、当社の経営理念のひとつでもある「イキイキ人間企業の実現」を社員一同目指します!

【原稿作成:総務部、編集:広報委員会】

2018/06/06

京田辺市水辺の散策路事業

京田辺市では、四季の移ろいを感じながら散策やウォーキング楽しむことで健康づくりができるよう「水辺の散策路」の整備が進められています。
この「水辺の散策路」の散策ルートは、当社(都市開発部)が京田辺市から業務委託し策定したものがベースとなっています。
駅を基点とし、市内にある河川管理用通路を活用したルート設定とすることで、市内外を問わず多くの方に水辺を楽しんで散策できるよう考えています。




市中部薪地区にある手原川の河川管理用通路は、水辺の散策路のモデル路線として整備されています。
ハード整備に加えソフト事業として、健康をテーマとした案内板、カロリー表示をした路面や案内標識を設置するなど,楽しく歩ける工夫をしています。
当該路線の実施設計も当社(都市開発部)の実績です。




また、この水辺の散策路を市民や来訪者の方に愛され、安心・安全・快適に歩いて頂けるよう、定期的な清掃活動など公共施設管理の一端を担う環境保全活動を行っています。







現在市中部には、JR学研都市線「大住駅」「京田辺駅」を基点に手原川と天津神川を結ぶルート(1周約5.2km)と、近鉄京都線「新田辺駅」を基点に防賀川と馬坂川を結ぶルート(1周約3.4km)が既に開通しています。


また、市南部の普賢寺川沿いに、この春新たに2ルートが開通されました。





地域づくりにおいては、施設整備などのハード面での取組みと、それを活用したソフト面での取組みとの連携が欠かせません。

当社(都市開発部)では、このようなハード・ソフト両面から取組みを行ない、地域の特色を活かした価値あるまちづくりを実践しています。




◇京田辺市HP https://bit.ly/2kOKYNN
◇当社実績紹介(街をつくる) https://bit.ly/2ttNltt

【原稿作成:都市開発部、編集:広報委員会】




2018/05/24

企業合同説明会のお知らせ

奈良県縦断!就活祭

531() 12時より奈良県文化会館にて開催される企業合同説明会に当社も参加します。
当日のプレゼン大会では、若手社員が当社の魅力を語りますので、興味のある方は是非ご参加ください。




たくさんのご参加お待ちしております。


◇奈良県中小企業団体中央会 http://goo.gl/Xq6MV5
◇当社ホームページ          http://www.seedcon.co.jp/ 

【原稿作成:総務部、編集:広報委員会】

2018/05/12

新入社員のOJT ~初めての現場研修~

新入社員の感想 『現場を見学したことで、利用者が使いやすいように、きれいな街に…と考えながら仕事をすると楽しいしやりがいのある仕事だろうな、とイメージ・実感することができました。はやく仕事ができるようになりたいです。』



新入社員のOJTとして、研修担当の若手?先輩社員が実際に橋梁補修の設計をした現場に連れて行き、設計図を基に、設計前後の違いや設計の内容等について説明をしました。
先輩の一言 『現場を知らずして設計は出来ません。現況計画完成のイメージを掴んでもらえたと思います。』



次に、先輩社員が設計をした駐車場を見学しました。(後ろのビルは設計していません)駐車場の設計です。




駐車場の入口です。




CADで図面を作成する場合、現地の地形や施工する状況を考えながら、構造物の配置や寸法を決めていきます。CAD3mの高さのブロック積擁壁の図面を描くと、小さい構造物のように勘違いしてしまいますが、実際に3mのブロック積擁壁を目の当たりにすると、大きな構造物だと実感できます。
CADで図面をただ描くのではなく、実際の構造物の大きさを考えながら設計をできるように、図面と実物を現地で対比することが大切です。



【原稿作成:計画設計部、編集:広報委員会】

2018/05/02

総本山 長谷寺 ぼたん献花祭法要

長年に渡り境内の防災整備事業にご協力させて頂いている「総本山長谷寺」
その「ぼたん献花祭法要」に昨年に続き今年も出席させて頂きました。
ぼたん牡丹献花祭は、御本尊十一面観世音菩薩の供養花であります牡丹をご宝前にお供えし、あわせて献花されたご奉納者皆様の家門繁栄、社運隆昌を祈願する法要であります。




本堂に向かう回廊を抜けると、奈良県のマスコットキャラクター「せんとくん」と桜井市のマスコットキャラクター「ひみこちゃん」のお出迎え。



法要に際しては、本堂最前列に参列させて頂きました。多くのお坊様が唱える般若心経、太鼓に鈴の音が大迫力であり、感動さえ覚え、いつまででも聞いていたい心地良いものでした。
また、本尊大観音尊像春季特別拝観が開催中でありましたので、普段は関係者以外立入りが禁止されている国宝本堂の中に入ることができ、観音さまのお御足に直接触れてお参りすることができました。
(※本堂内、写真撮影が禁止されておりますので残念ながら法要の模様、大観音尊像の写真はございません)



総本山長谷寺の牡丹は、唐の皇妃、馬頭夫人が観音さまの霊験を得たお礼に牡丹を献木したのがその始まりと伝えられ、千年余り前に遡り、現在では約150種・7,000株にもおよぶ色とりどりの牡丹が咲き競うとのことです。





本坊大講堂にて、高さ16m、横幅6m、重量125.5kgの日本一大きな観音さまの掛け軸が公開されています。
その大きさには圧巻です。長谷の観音さまの大きさを体感してみてください。




四季を通じて総本山長谷寺へ参拝される多くの方々、また、総本山長谷寺に執務されておられます、お坊さまの安全を守るため、今後とも境内の防災整備事業の一役を担うことができればと思っております。


【原稿作成:営業部、編集:広報委員会】